任意売却と残債務

住宅ローンの支払いや、税金を滞納して支払えなくなってしまっている状況で任意売却ということが選択できます。一般的に支払いが滞ってしまっている場合には、競売にかけられることが多いといえるでしょう。しかし、競売に掛けられてしまえば、かなりの安値で売却せねばならず、落札者の都合によって立ち退きを迫られることになります。相手の都合であったとしても、立ち退き料も請求するわけにはいきませんから、競売に掛けられたうえに自己負担も増えてしまうのです。競売物件になったがために、新聞やチラシに公開されることもありますし、いつどうなるのかわからない不安に駆られて生活しなければいければなりません。

ところが、任意売却を選択することができれば、相場に近い金額で売却することができ、引越し時期も公証することができます。立ち退き料ではありませんが、引越代を請求することができる可能性もあり、新しい生活の負担を軽くすることができるかもしれないのです。

ただし、任意売却した後の残債務の問題は忘れてはいけません。いくら高く売れたからといって、債務がすべて消滅するとは限らないのです。特に任意売却後の残債務は自分で処理することを迫られ、土地や住宅を売っても悩みの種として残ってしまうことも珍しくありません。 売ってしまえば大丈夫というわけではありません。先のことまで考え、行動していかなければいけないのですが、それには知識が必要なのです。今は必要なくても転ばぬ先の杖として、知識をため込んでおくことをお勧めします。

◎管理人特選サイト
キャッシング会社の比較サイトです >> キャッシング今すぐ借りたい.com